『パフォーミングアーツ・セレクション 2022 in Tokyo』

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003962  更新日 2022年11月3日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: ダンス

パフォーミングアーツ・セレクション2022

日本を代表するダンスアーティストがコロナ禍で創作した選りすぐりの作品を吉祥寺で上演!

画像:DaBYパフォーミングアーツ・セレクション2022キービジュアル

多様なダンス作品や海外招聘企画のプロデュースで日本のダンス界をリードする愛知県芸術劇場、
そしてグローバルに活躍する演出・振付家を輩出する横浜の創作の拠点Dance Base Yokohamaが協働して、
2021年に初演を迎えた3つのダンス作品を上演します。
海外で活躍してきた個性的なダンスアーティストたちがコロナ禍で取り組んだ身体による社会への応答、その表出にご注目ください。

吉祥寺シアターでは、以下の3作品を上演します(各回同内容)。
 酒井はな『瀕死の白鳥』/『瀕死の白鳥 その死の真相』
 鈴木竜『When will we ever learn?』
 鈴木竜『never thought it would』(ダブルキャスト:11/1 19:00・11/2 18:00=柿崎麻莉子/11/2 14:00=鈴木竜)

酒井はな 『瀕死の白鳥』/『瀕死の白鳥 その死の真相』

世界中のバレエダンサーが踊り続けてきたフォーキン原作による『瀕死の白鳥』。
本公演では日本を代表するダンサーの酒井はなが、演劇作家の岡田利規と取り組んだ新解釈バージョンを上演。
白鳥の死因に迫ることでバレエの様式を解体し、現代のパフォーミングアーツの新たな局面を切り開く。


 『瀕死の白鳥』
 ミハイル・フォーキン原型 酒井はな改訂
 出演:酒井はな
 チェロ:四家卯大

 『瀕死の白鳥 その死の真相』
 演出・振付:岡田利規
 出演:酒井はな
 編曲・チェロ:四家卯大

酒井はなよりメッセージ

 

鈴木竜 『When will we ever learn?』

日本、イギリス、オランダ、イスラエルを中心に国内外で活躍してきた同世代のダンスアーティスト4名がクリエイションに参加した新作。
「振り付ける」という非対称的な行為を通して、ダンサーが身体を通じて記憶することで「非対称的な関係におけるコミュニケーションモードとしてのダンス」を提示する。

 演出・振付:鈴木竜( Dance Base Yokohama)
 出演:飯田利奈子、 柿崎麻莉子、 鈴木竜、 Ikuma Murakami
 ドラマトゥルク:丹羽青人( Dance Base Yokohama)
 衣裳:渡辺慎也

鈴木竜 『never thought it would』

コロナ禍でより一層不在感を感じつつある社会的な身体の極として、踊ることに取り憑かれているダンサーの身体を扱った作品。
からだの不在はダンサーの不要を意味するのか。
今回はダブルキャストに柿崎麻莉子 を迎え、今の時代に踊り続けるダンサーの必然性にいかなる価値を見出すことができるのかを問う。

 演出・振付・出演:鈴木竜(Dance Base Yokohama)
 出演:柿崎麻莉子(11/1 19:00・11/2 18:00)
 鈴木竜(11/2 14:00)
 音楽:tatsukiamano
 ドラマトゥルク:丹羽青人(Dance Base Yokohama)
 舞台美術: 宮野健士郎
 衣裳: 渡辺慎也

鈴木竜よりメッセージ

 

パフォーミングアーツ・セレクション 2022 ダイジェスト映像


クレジット

コンセプト・構成・プロデュース:唐津絵理(愛知県芸術劇場/Dance Base Yokohama)
プロダクションマネージャー:世古口善徳(愛知県芸術劇場)
舞台監督:河内崇
照明デザイン:伊藤雅一(RYU)
音響デザイン:牛川紀政
マネージングディレクター:勝見博光(Dance Base Yokohama)
制作:伊藤梢、田中希・宮田美也子(Dance Base Yokohama)

主催:Dance Base Yokohama
提携:(公財)武蔵野文化生涯学習事業団
企画・共同製作:愛知県芸術劇場、Dance Base Yokohama
制作協力:Dance Base Yokohama


開催期間

2022年11月1日(火曜日)から2022年11月2日(水曜日)まで

開催時間

11月1日(火)19:00
11月2日(水)14:00/18:00
*開場は開演の30分前

開催場所

吉祥寺シアター 劇場
吉祥寺シアター

チケット 発売情報

午前10時~
*電話・インターネットにて受付開始!

チケット料金

〈全席自由〉

一般 4,500円/アルテ友の会 4,050円/U25 2,500円
 

※アルテ友の会チケットは武蔵野文化生涯学習事業団のみ取り扱い。

※3歳以下のお子さまは入場できません。
※U25は公演日に25歳以下の方が対象です。(要証明書)
※車椅子席でのご来場の方は事前にお問い合わせください。
※託児サービスあり(11/2(水)14:00の回/要予約・有料)。
 [対象]0~12歳
 [料金]1名につき2,000円
 [申込締切]公演日の1週間前

 [お申込・お問合せ]イベント託児・マザーズ TEL.0120-788-222
 (予約受付 平日10~12時/13~17時)
※公演中の入場については、制限させていただくことがあります。
※やむを得ない事情により内容、出演者等が変更になる場合がございます。
※入場時には検温・消毒・マスク着用をお願いしております。

チケット取り扱い

(公財)武蔵野文化生涯学習事業団チケット予約
 [電話]0422-54-2011
 [WEB]https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-s/

DaBY Peatix

 https://dancebaseyokohama.peatix.com/

お問合せ

Dance Base Yokohama
 contact@dancebase.yokohama
吉祥寺シアター
 0422-22-0911

関連情報