カフェ

武蔵野プレイスにある「カフェ」とは

ほのかなコーヒーのアロマに武蔵野の香を感じながら、読書をしたり、おしゃべりをしたり。。。。
1階「パークラウンジ」の中心に位置するカフェは、屋内にありながら屋外のようなオープンなスペースとして、プレイスを訪れる人々が行き交い、出会い、滞在できる「場」となるようデザインしました。
カフェでは、「図書館で本を借りる」「生涯学習講座に参加する」「市民活動団体が集まる」「青少年がスタジオでダンスやバンドの練習をする」等々の目的を終えた後に、仲間と情報交換をしたり、または一人でほっと一息つける場として、「知的好奇心」の余韻をお楽しみいただけます。
また、武蔵野プレイスが、従来の複合施設と大きく異なるのは、あらかじめ特定の目的を持って来館された方に、その「目的」以外の活動やサービスをお知らせしたり、何かワクワクすることを探しにプレイスに足を運んでくださった方には、館内のさまざまな情報や案内サービスをあわせてご提供するといった、生涯学習における新しいアプローチの場をめざしていることです。
武蔵野プレイスで出会った「人」や「情報」をきっかけに、市民のみなさまの日常が、より楽しく充実したものとなるよう、カフェは、その出会いの「結節点(ノッド)」とした役割を担うものとして設置しました。

「Fermata(フェルマータ)とは?」

武蔵野プレイスのカフェの名前は「Cafe Fermata」です。
Fermataは音楽記号で、ゆったりと延ばすという意味があります。ゆったりと低音の弦楽を聞きながら羽をのばすような、普段と違う空間をイメージしています。
Fermataにはまた、イタリア語で、停留所という意味もあります。武蔵野プレイスの中でみんなが、武蔵野市民がたちどまりにくるところ、そういう街の「たまり場」でありたい。

PAGE TOP