エリック・アレキサンダー&ヴィンセント・ハーリング

Xでポスト
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1006347  更新日 2024年7月20日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 音楽(JAZZ・ポピュラー)

写真:エリック・アレキサンダー&ヴィンセント・ハーリング

開催日

2024年8月1日(木曜日)

開催時間

午後3時開演(午後2時30分開場)

開催場所

武蔵野公会堂
交通・アクセス

対象

小学生、中学生・高校生・大学生、大人

チケット 発売情報

5月11日(土曜日) 10時00分発売

チケット購入
出演

エリック・アレキサンダー(テナー・サックス)

ヴィンセント・ハーリング(アルト・サックス)

海野雅威(ピアノ)

小林陽一(ドラムス)

吉田豊(ベース)

チケット

全席指定
一般 3,000円 友の会 2,500円

主催
(公財)武蔵野文化生涯学習事業団

全米ジャズ界の横綱級サックス・バトル!

ケニー・バロン、フレディ・ハバード、ロン・カーター等の巨人と共演し、ジャズ・スターの登竜門セロニアス・モンク・コンペティション第2位!大人気テナー奏者、エリック・アレキサンダー
ブレイキー、ガレスピー、W.マルサリス等 多くのジャズ・ジャイアントと共演し、リンカーンセンター、カーネギーホール等で演奏、ナット・アダレイが“キャノンボール・アダレイの再来”と評したヴィンセント・ハーリング!

リズムセクションに小林陽一、海野雅威、吉田豊を迎え、ハードバップ全開‼

※未就学児はご入場いただけません。
※やむを得ない事情により、出演者等の内容が変更となる場合があります。ご了承の上、ご予約ください。
※車椅子席は電話及び窓口でのみ販売いたします。ご了承ください。
※発売日は電話&インターネット受付のみ。残券がある場合のみ、翌日より窓口販売します。

エリック・アレキサンダー プロフィール

イリノイ州ゲイルスバーグ出身。1988年にニュージャージー州のウィリアム・パターソン大学に入学し、ハロルド・メイバーン、ジョー・ロヴァーノ、ルーファス・リードらに師事。1991年のセロニアス・モンク・国際ジャズ・コンペティションでジョシュア・レッドマンに続く2位に入る。
それ以来プロとしての頭角を表し、スティーヴ・デイヴィス、ジョー・ファンズワース、ピーター・ワシントン、ハロルド・メイバーン、デヴィット・ヘイゼルタイン等と共演。
日本でヴィーナスレコードから発売した多くのアルバムがヒットし、サイドメンでも60〜70枚はCDに参加している。
日本にはほぼ毎年来日し、ツアーを行っている。

ヴィンセント・ハーリング プロフィール

ケンタッキー州出身。11歳から本格的にサックスを始め、16歳でカリフォルニア州立大学に入学し、音楽を勉強する。
1982年、ニューヨークに移り小林陽一とストリートミュージシャンを経験。
その後ナット・アダレイ、 アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ、ホレス・シルヴァー、ジャック・ディジョネット、シダー・ウォルトン、 フレディ・ハバード、ルイス・ヘイズ等のバンドで活躍。幅広いゲスト・ソリスト出演を果たしている。
小林陽一のグッドフェローズシリーズ等にも参加。小林陽一とのジャパンツアーを12回行っている。
自己のバンド”アースジャズ”や多くのバンドに席を置き、世界中を飛び回っている売れっ子アルトサックスプレイヤー。日本にも多くのファンを持つ。

海野雅威 プロフィール

写真:海野雅威

東京藝大在学中の18歳からミュージシャンとして活動を始め、2008年にニューヨーク移住。ハンク・ジョー ンズやジミー・コブなどの数々のジャズ・レジェンドに愛され、ロイ・ハーグローヴ・クインテットで日本人初、最後のレギュラー・メンバーとなった。 2020年9月にアジア人ヘイトクライムの犠牲となり、そのニュースはアメリカの CBSをはじめ日本のメディアでも大きく取り上げられ、ジャズ界は大きな衝撃を受けると共に彼の復活を願った。ピアニスト生命に関わる重症により復帰は絶望視されたが、事件直後より国内外の友人ミュージシャンが立ち上げたクラウドファンディングには、世界中から復帰を願う寄付が集まった。それに応えるように、本人の不屈の精神と懸命なリハビリにより奇跡的に見事復帰を遂げた。

小林陽一 プロフィール

写真:小林陽一

1953年秋田市生まれ。1976年尚美音楽院卒。1992年NYから帰国と共に「GOOD FELLAS」を発表。スイングジャーナル誌ゴールドディスクを獲得。"日本ジャズ維新"のリーダーの一人として貢献する。1998年ニューヨーク、バードランドでのライブレコーディング。2000年アートブレイキー、レガシーコンサートに出演。"ジャパニーズジャズメッセンジャーズ"という名前でプログラムに紹介され、コンサートのトリを務め話題を呼んだ。2001年度スイングジャーナル誌人気投票コンボ部門5位。2008年ドラマー部門3位に入る。2004年にはロンカーターを迎えCD[Monks Trio]を発表、ツアーも行った。2006年CD「Culture Shock」(M&I)をクインテット結成30周年記念で発表(海野雅威参加)。2014年1月ニューヨークのジャズクラブ・Smokeにてエリック・アレキサンダー、ヴィンセント・ハーリング等とライブレコーディング。同年5月通算26枚目のCD「Live at Smoke 」発売。以降もライブやCDの発売等、精力的に音楽活動を行う。

吉田豊 プロフィール

写真:吉田豊

1975年山口県防府市出身。筑波大学在学中に横島和裕(p)トリオとしてプロデビュー。2004年横浜ジャズプロムナードコンペティションにおいて海野雅威(p)トリオで出場、グランプリおよび横浜市民賞受賞。2016年、海野雅威とのデュオアルバム「DANRO」をリリース。現在関東を中心に海野雅威(p)trio、村上寛(ds)group、中嶋錠二(p)trio、秋田慎治(p)duo、大山日出男(as)group、THE BON BONES等で活動中。



※「主催公演におけるお客様へのお願い」については次のページをご覧ください。

※公演実施の場合、チケット購入後のキャンセル・変更は一切いたしかねます。ご了承の上、ご予約をお願いいたします。
※上記は4月28日現在の対応であり、今後の状況によっては変更させていただく場合がございます。