吉祥寺図書館について

平成30年4月のリニューアルオープン時より、当事業団で管理運営を行っています。
吉祥寺は来街者も多く、様々な世代の人々でにぎわっています。開館から30年を迎え、地域の方々に親しまれている図書館ですが、今までの図書業務に加え、吉祥寺のさまざまな地域情報を積極的に発信し、より多くの方が気軽に立ち寄りたくなるような魅力的な図書館づくりに努めています。

地階は吉祥寺図書館の原設計の理念を継承し、設計者である鬼頭梓氏のデザインを活かしたものとなっています。
大きな窓から光が差し込み、地下でありながら開放感のあるカウンター席でゆったりと読書を楽しんでいただけるようになっています。

1階は約220タイトルの雑誌と約20紙の新聞を取り揃えています。
また、吉祥寺の地元情報を発信する「きちとしょトピック」やPCの利用ができる「けやきカウンター」を設けることで、来街者やビジネスマンなど、幅広い利用者層の来館を期待しています。

2階は子どもと中高生のフロアとし、子どもトイレの充実や授乳室の設置など、親子で利用しやすいフロアになっています。また「ティーンズスポット」の設置や「まなびとつどいのへや」の学習室としての開放など、中高生の居場所をつくっています。

※フロア図をクリックすると大きな画像で見ることができます。(PCのみ)

PAGE TOP