ala Collectionシリーズ vol.13 『百日紅、午後四時』

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

ページ番号1003784  更新日 2022年9月11日

印刷大きな文字で印刷

イベントカテゴリ: 演劇

可児市文化創造センター ala Collectionシリーズ vol.13 『百日紅、午後四時』

人生百年。長い?短い?どう生きましょう。

『百日紅、午後四時』ビジュアル

第一線で活躍する俳優・スタッフが岐阜県可児市に滞在しながら良質な演劇作品を制作し、全国へ発信することを目指す、可児市文化創造センターによるプロジェクト「ala Collectionシリーズ」の第13弾。

今回は、映画やドラマなど第一線で活躍する市毛良枝を主演に迎え、「人生百年時代をどう生きる?」に思いを巡らす、ひと夏のホームドラマを上演します。

あらすじ

夏。東京郊外。庭に百日紅が咲く今村家。
夫を亡くし三年、六十六歳となった一美が息子や弟、妹たちを呼び寄せた。
はしゃいだ様子で家族をもてなす一美は一人の男を紹介する。
「結婚しようと思ってるの」
「え、六十六歳で?」
そこに何やら訳ありの見知らぬ若い女も現れて・・・。
人生の後半を迎える人々が新たな一歩を踏み出す、ひと夏の物語。
夏から秋への移ろいの中で、人々の心の移ろいと決意を、可笑しく愛おしく描きます。


キャスト・スタッフ

[作・演出] 鈴木 聡

[出演] 市毛良枝 陰山 泰 福本伸一(ラッパ屋) 朝倉伸二 岩橋道子(ラッパ屋) 弘中麻紀(ラッパ屋) 瓜生和成(小松台東) 平体まひろ(文学座)

[音楽]佐山こうた [美術]秋山光洋 [照明]佐藤公穂 [音響]島 猛 [衣裳]木村春子

[演出助手]畑田哲大 [舞台監督]加藤元基 [企画協力]ラッパ屋

[制作]中尾栄治、馬場順子 [プロデューサー]澤村 潤

[シニアアドバイザー]衛 紀生

[宣伝美術]市川きよあき事務所 [宣伝写真]神ノ川智早 [宣伝ヘアメイク]西ヒロコ(omotesando atelier)

[撮影協力](株)SS MIYUKI studio [宣伝協力]吉田プロモーション


主催:公益財団法人可児市文化芸術振興財団

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業) 独立行政法人日本芸術文化振興会

協力:公益財団法人武蔵野文化生涯学習事業団

文化庁 シンボルマーク


開催期間

2022年10月20日(木曜日)から2022年10月27日(木曜日)まで

開催時間

10月20日(木)14:00
10月21日(金)19:00
10月22日(土)14:00
10月23日(日)14:00
10月24日(月)14:00
10月25日(火)休演日
10月26日(水)19:00
10月27日(木)14:00
*開場は開演の30分前

開催場所

吉祥寺シアター 劇場
吉祥寺シアター

対象

小学生、中学生・高校生・大学生、大人

チケット料金

〈日時指定・全席指定〉

一般 5,000円

アルテ友の会 4,500円

25歳以下 2,500円(当日引換券・当日要年齢確認・限定枚数、2名様以上の場合は連席でご用意できない場合がございます。)

※アルテ友の会チケットは武蔵野文化生涯学習事業団のみ取り扱い。
※未就学児童の入場はご遠慮ください。

チケット発売日

2022年9月3日(土) 午前10時~

*電話・インターネットにて先行受付開始!

*その他プレイガイドのチケット発売は9月16日(金)午前10時~

チケット取り扱い

9月3日(土)10:00~

(公財)武蔵野文化生涯学習事業団チケット予約:0422-54-2011

インターネット予約:https://yyk1.ka-ruku.com/musashino-s/

 

9月16日(金)10:00~

チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/ala-collectin/ (Pコード513-222)セブン・イレブン店内

 

イープラス:https://eplus.jp/alacollection_vol13/ ファミリーマート店内

 

Confetti(カンフェティ):https://www.confetti-web.com/alacollection13

 0120-240-540(平日10:00~18:00)※オペレーター対応・通話料無料

お問合せ

吉祥寺シアター 0422-22-0911
石井光三オフィス 03-5797-5502(平日12:00~18:00)