スポーツ施設/自然の村
  • 武蔵野総合体育館
  • 武蔵野温水プール
  • 武蔵野陸上競技場
  • 武蔵野プール(屋外)
  • 武蔵野中央公園スポーツ広場
  • 武蔵野軟式野球場
  • ストリートスポーツ広場
  • 武蔵野庭球場
  • 緑町スポーツ広場
  • 武蔵野市自然の村(長野県川上村)
施設についてお知らせご利用案内交通アクセススポーツ教室・野外活動事業
ホーム / スポーツ施設/自然の村について
スポーツ施設/自然の村について

スポーツ施設について


武蔵野市は、市民の皆さまのスポーツ活動やレクリエーション活動を支援するため、平成元年11月に、以前からあった陸上競技場とプールとも併せ、複合的なスポーツ施設である武蔵野総合体育館を設立いたしました。また、同時に体育館周辺にある軟式野球場や庭球場なども併せて管理運営にあたる組織として、財団法人武蔵野スポーツ振興事業団(現公益財団法人武蔵野生涯学習振興事業団)を設立しました。また、平成2年には、市内における野外活動の活動拠点として、武蔵野総合体育館内に野外活動センターを設けました。

 

平成22年4月には、新たに緑町スポーツ広場が開設され、フットサルなどに利用されています。

 

これらの施設は毎年30万人を超える市民の皆さまにご利用いただき、競技スポーツ、レクリエーションスポーツ、野外スポーツの活動拠点となり、「生涯スポーツ社会」を支えています。


自然の村について


昭和57年に青少年の野外体験・自然体験を推進する施設として、大自然の残る千曲川の源流にほど近い長野県南佐久郡川上村に設置されました。


当初は「少年自然の村という名称でしたが、昭和59年に、青少年だけではなく、広く市民の皆さまにも積極的にご利用いただき、大自然に触れていただきたいとの考えから、「自然の村」に改称いたしました。


広大な「村」内には、宿泊施設、キャンプ施設、遊歩道やハイキングコースがあり、四季折々の自然を楽しむことができます。


また、平成5年からは、交通アクセスを改善するため、市内から自然の村への直行バス(利用促進バス)の運行を開始いたしました。また平成16年度には、天体観測施設を設置、平成18年度からは冬期開設を始めるなど、施設利用の充実に努めております。しかし一方で、「自然に触れる」「自然体験をする」ということが施設設置のポリシーであるため、「快適性」などの点を一部犠牲にしていますが、皆さまのご理解を賜り、本来の自然体験を十分にお楽しみいただきたいと思います。

施設予約システム 教室・講座・イベントシステム 武蔵野市立図書館 武蔵野地域自由大学 武蔵野市文化・スポーツ・生涯学習ネット