理事長あいさつ

Message From The President

「施設や機能の垣根を超えた連携と融合で、多様な生涯学習活動をサポートします。」

理事長挨拶

前田 洋一 MAEDA Youichi
武蔵野生涯学習振興事業団 理事長

「施設や機能の垣根を超えた連携と融合で、多様な生涯学習活動をサポートします。」

 当事業団は、平成元年11月に武蔵野市より全額出資を受け、「財団法人武蔵野スポーツ振興事業団」として発足し、武蔵野市内の体育施設の管理・運営や各種スポーツ振興事業を展開してまいりました。
 平成22年4月には、さらに幅広い生涯学習振興事業を展開すべく法人名称を「武蔵野生涯学習振興事業団」へと変更し、平成23年4月には東京都より認可を受け、「公益財団法人」として再スタートいたしました。
 現在は武蔵野市の「指定管理者」として、市の中心部に立地している「総合体育館をはじめとした7体育施設」、長野県南佐久郡川上村にある野外活動施設「武蔵野市立自然の村」、図書館・生涯学習支援・市民活動支援及び青少年活動支援の4つの機能を併せ持った複合機能施設「武蔵野市立ひと・まち・情報総合館 武蔵野プレイス」、「吉祥寺図書館」の管理・運営を行っています。
 このようにスポーツ施設から生涯学習施設まで幅広い運営を行うことで、施設や機能の垣根を超えた連携・融合が可能となり、市民の皆様に多様な生涯学習活動の場を提供することができるようになっています。学校だけではない学びの場が求められている今、市民の皆様が心身ともに充実し、豊かな社会生活を送ることができるようお手伝いする、という当事業団の役割の重要性は、ますます高まっていくと認識しております。今後も社会の変化や市民の皆様のニーズに対応しながら、生涯学習のための支援をさらに充実させてまいりたいと考えております。